シミ そばかす 化粧品

シミそばかすを消したいならこの化粧品がおすすめ!

 

毎日顔を見ているのに、急にシミができて・・・、昨日はなかったはずなのに!こんな体験をした人も多いのでは?加齢、ストレス、紫外線などが原因でできるシミ、そばかす、すぐにでも消したいですよね。

 

これまでの美白ケアはシミ、そばかすを予防する化粧品が主でしたが今ではできているシミを根本的に消せる美白化粧品が販売されています。

 

 

シミそばかすを消す美白化粧品ランキング

 

シミになるメラニンを生成促進するチロシナーゼ酵素を働けなくすることで、シミに効く美白成分のハイドロキノン。このハイドロキノンを含んだ短期間でシミを消せる化粧品を紹介します。

 

ビーグレン ホワイトケア トライアルセット

 

⇒ ビーグレン ホワイトケア 公式サイトへ

 

有効成分ハイドロキノンが配合されたQuSomeホワイトクリーム1.9と、クレイウォッシュ、QuSomeローション、Cセラム、QuSomeモイスチャーリッチクリームのセットです。365日間返金保証があるので安心してお試しできます。価格:1,800円

 

ビーグレン ホワイトケア トライアルセットの口コミ体験談

 

 

 

肝斑のようなもやっとしたシミとポツポツある濃いシミ。早く消せるというので試しましたが、とにかくお肌が乾燥します。使い始めて2日くらいでかさつきが強くなったので、保湿クリームをいつもの2倍くらい使うようにして対応しました。副作用が出るか心配だったのにほかにトラブルがなかったので逆に効果があるのか?と疑いつつ2週間で薄くなった気がしたのですが子供にもシミが薄くなったといわれ効果があるんだと実感!消えるまで使いたいと思います。

⇒ ビーグレン ホワイトケア 公式サイトへ

 

ラグジュアリーホワイト トライアルセット

 

⇒ アンプルール ラグジュアリーホワイト 公式サイトへ

 

アンプルールのLuxury White (ラグジュアリーホワイト)は副作用が心配ない安定型のハイドロキノンが使われています。

 

初回限定なのが残念ですが、6,500円⇒1,890円と格安でお試しできるので、お手軽に試すことができます。価格:1,890円

 

ラグジュアリーホワイトの口コミ体験談

 

 

シミが剥がれるという方法を顔で試して失敗しシミが濃くなってしまって、ラグジュアリーホワイトで消したくて購入してみました。先の失敗があったので心配もありましたが、初日につけたときヒリヒリしてような刺激と翌日朝にうっすら赤みがあっただけで、2日目からの副作用はなくてトライアルが使い終わるころには、右の目の下のシミだけ使っていたのだけど薄くなっていました。ピンポイントで使ったので3週間持ちましたが、今は顔にあるほかのシミも消すために本商品を使っています。(37歳・なつさん)

⇒ アンプルール ラグジュアリーホワイト 公式サイトへ

 

ハイドロキノンクリームの美白効果

 

 

ハイドロキノンという強力な美白成分を使用した化粧品がシミ消し、ソバカス消しに一番効果が出やすいとされています。美容クリニック、皮膚科、美容外科で処方される美白クリームもハイドロキノンであることが多いです。

 

突然できてしまったシミ、以前から気にはしていたけれど、歳を重ねるごとに増えていくシミは悩みのタネです。シミを隠しながらメイクするので、コンシーラーばかり減るし、厚塗りになってしまったり、メイクを落とす度にガッカリしてしまう人も沢山います。

 

隠すことなく本当の美白ができるハイドロキノンは、お肌への漂白剤とも呼ばれ、メラニンに直接働きかけます。顔全体に塗るタイプから、気になるシミの部分に塗るタイプまで色々あります。

 

ハイドロキノン配合化粧品は、1〜5%程度の濃度で配合されているクリームタイプで使われます。濃度が高いほうがもちろん効果が高い可能性はアップしますが、肌への負担も増えて副作用も多くなりますから、アメリカからの輸入品などで高濃度を使うというのは避けたほうがいいでしょう。

 

⇒ シミを消すハイドロキノン化粧品ランキング

 

ハイドロキノンを使う時の注意点も重要です。ハイドロキノンは紫外線に反応してヒリヒリしたり、赤くはれたり、色素沈着を起こすため、使用するのは基本的に夜間だけです。蛍光灯の光などではほぼ反応はでませんが、できるだけ寝る前、消灯前に塗布するといいでしょう。

 

ハイドロキノンの副作用について

 

シミ予防でなく、できているシミが消せるという強力な美白効果のハイドロキノン。しかし、刺激が強いためか赤く副作用が出る場合があります。上記でも紹介したのですが、ハイドロキノンは基本的に夜用のクリームで太陽光にあたると副作用が出ます。

 

この夜間しか使用しないというルールを守っていても、肌質によっては稀に赤みが出ることもあるのです。シミの部分に塗布した瞬間にピリピリとした感覚が出る人、朝起きてみたら赤くなっている人など様々です。

 

使用してちょっとでもいつもと違うと感じた場合は、使用を中止するか、1日おきに使用してみるなどお肌に合わせてみましょう。ちなみに上記で紹介したハイドロキノン配合コスメは低刺激で副作用が少ないといわれている商品ですから、ひどい副作用は少ないと思います。

 

⇒ シミを消すハイドロキノン化粧品ランキング

 

私の場合はハイドロキノンを使用して1日目は何事もありませんでしたが、2日目の朝に塗布部分が赤くなっていました。触わるとヒリヒリとした感じがしました。それからは1日おきにハイドロキノンを使うようにしました。効果は2週間目くらいにシミが薄くなってきたので、毎日使わなくても効果は実感できますよ。

 

その他の美白化粧品、オールインワン

 

トラネキサム酸、アルブチン配合、ビタミンC誘導体などの美白成分を配合している化粧品はたくさんあります。これからの美白化粧品はシミができないように予防対策としての使用がメインになります。

 

もちろん、メラニンの排出は肌にあるメカニズムですから、メラニンが速く輩出できればハイドロキノンの様に色素漂白をしなくてもシミを消せるというのは理論上は可能です。

 

シミが消えるまでの期間はハイドロキノンに比べてとても遅いので効果が全くないと感じる方も多いでしょう。しかし、副作用が少ないというメリットもありますからハイドロキノンが怖い場合はこういった美白化粧品を使うといいでしょう。

 

副作用はありませんが、肌に合わずに肌が荒れる、ニキビができるなどは起こる可能性があるので初めて使うときには肌の状態をよく観察するようにしましょう。

 

アスタリフトホワイト 美白トライアルキット

 

テレビcmでも知られる富士フイルムのアスタリフトホワイト 美白トライアルキットです。美白成分としたビタミンC誘導体、アルブチンを使用しています。ヒト型ナノセラミド、アスタキサンチンなど肌の潤い成分も含まれていて肌のバリア機能アップしメラニン排出に役立ちます。

 

 

薬用美白オールインワンジェルSimiTRY

 

ビタミンC誘導体、ハイドロキノン誘導体(ハイドロキノンと名前は似ていますが別のもので、アルブチンを指します。)を配合した美白オールインワンゲルです。シミだけでなく、しわを目立たなく(効能評価試験済)なります。

 

 

KOSE 米肌 澄肌美白お試しセット

美白しながら広がった毛穴、くすみケアまでできる高保湿基礎化粧品のトライアルセットです。美白成分はビタミンC誘導体となります。乾燥肌が原因でシミができやすくなった方にお勧めです。

 

 

エニシングホワイト プレミアムモイスチャー

 

紫根エキスを配合した美白オールインワンゲルです。生薬としてやけどの治療にも使われてきた紫根は美白だけでなく肌荒れ予防にも働く成分です。

 

 

美容サプリで内側からも美白ケア!

 

シミを早く消すには、美白化粧品を使うのはもちろん美白に効果がある成分を手軽に摂れるサプリも取り入れてみましょう。美白に効果があるといえばビタミンC。しかし、ビタミンCサプリだけではシミ消しほど協力ではありません。

 

シミ消し専用で美白に特化したような美白サプリなどがおすすめです。どちらにしてもすぐには消えないので、コツコツと諦めずにケアすることが一番大切です。

 

早くシミを消すためにも保湿ケアが必須!?

 

シミを消すことができるハイドロキノン配合化粧品を使っても、すぐにシミが消える人、なかなか効果が表れない人とに分かれます。小さな要因もいろいろありますが、まず、肌質が大きく関係しています。

 

肌のターンオーバーが乱れている乾燥肌、敏感肌の場合は結果が出にくいのです。逆にいつもお肌がしっとりしている普通肌、保湿ケアが十分な肌であれば早くにシミが薄くなる可能性が高いです。

 

美白対策を行う時には美白成分だけに集中しないで保湿ケアもしっかり行えるようなセラミドやスクワラン、プラセンタエキスなどが配合してある化粧水を使用するといいでしょう。

 

ターンオーバーを正常化するには?

 

ターンオーバーとは肌細胞の生まれ変わり、入れ替わりのことを指します。シミの原因であるメラニンが肌の奥にあるメラノサイトで生産されて、ターンオーバーにとってだんだんと表皮に押し上げられて垢となってはがれていきます。

 

正常なターンオーバーの周期は28日程度ですが、これが遅くなって50日以上ともなるとメラニンがいつまでも肌に残ってしまい、シミになっていきます。ターンオーバーが正常になればいいのですが、加齢、ストレス、乾燥肌などが原因となって30代、40代とエイジング年齢になってくると徐々にシミができやすくなるのです。

 

シミができる原因になる紫外線、肌の乾燥、ストレス、栄養不足を起こさないように生活習慣も改善させていきましょう。睡眠不足の解消も大切です。

 

いろいろな美白化粧品を使ってもシミが消えてくれない場合で、どうしてもシミを消したい!老けて見られるから絶対に消したい!というなら病院で処置をすることを視野に入れてもいいかもしれません。

 

⇒ シミ消しで病院に行ってみる!?医療的措置とは

 

シミを消すための美白化粧品の選び方

 

シミに対する一般的な対策に美白化粧品があります。化粧水、乳液、美容液、クリームなどですね。ただ、本格的に真皮層に色素が入ってしまうと、回復は美白化粧品ではできません。美白化粧品と言ってもタイプは様々です。

 

ですが、メラノサイト、色素を作ってしまう細胞の邪魔をしてターンオーバー、新しく細胞ができるのを助けていくことは同じです。薄いソバカスと肝斑では、合う美白化粧品が違います。

 

確実にシミに対抗したい場合は皮膚科医や化粧品会社の人に相談してみた方がいいでしょう。母の知人に化粧品販売員がいて、敏感肌用の化粧品をずっと紹介してもらっていました。美容液は中々お高い物が多いですが合うものですと、ニキビ跡のシミや頬の赤みなどは、すぐ消えます。

 

後は、サンプルを買ってもいいでしょう。数日分のものやシートマスク等を美容部員の方に相談して使い勝手を試してみる。しっとりがいいか、さらっとがいいかはその方次第です。

 

匂いも強いと苦痛です。時間がない方は口コミ等でよさそうな物を買ってみましょう。もし気に入らなくとも背中等匂いが気にならない場所に使えます。

 

後は予算ですね。化粧品会社の多くはシリーズで使うことを考慮しています。でも高いものがいいとは言えません。私の場合未だに赤いシミにいいのは数百円の収れん化粧水です。抗炎症作用があるためです。

 

要はシミの根本原因をブロックしていくことが大切なのです。自分のシミの要因を確認して根気よく使っていくのが、美白化粧品の正しい用法です。

 

お肌が弱い人に適した美白化粧品

 

シミの回避のための化粧品が実は、シミの原因になってしまったということはよくあることです。アレルギー性皮膚炎、接触性皮膚炎はシミの要因になります。

 

悪化しますと女子顔面黒皮症と言って顔の皮膚が黒ずんで硬くなります。お化粧をするのは女性が多いのでこういう名称になったのですが、男性でも髭剃りなどでなることが多いです。

 

もし赤みなどが出た場合はすぐに化粧品の使用を中止して、皮膚科に行くのが対応の基本です。要因は鉱物油などが多いのですが自然派化粧品でもかぶれるときはかぶれます。

 

また、シャンプー等の洗髪剤、ワックスなどの整髪剤でシミが出来てしまうこともあります。顔や、背中、肩口に髪が当たって刺激となって赤や茶のぶつぶつシミが出来てしまうこともあります。特にヘアカラーは成分がきついのでアレルギーが出やすいのです。

 

対応法はやはり病院に使っている化粧品やヘアケア剤を持っていきアレルギーの要因がないか確認することが一番です。他に髪は皮膚にあたらないようにあげるか短くしてしまうことも有効です。

 

シャンプーなどは、適量使ってしっかりすすいで落しましょう。それだけでもニキビやシミは防備できます。整髪剤を使った後は、そのまま寝ないで流しましょう。

 

濡れた髪から溶け出したアレルギーの原因物質が、肩などにしみてしまうことがありますから良く乾かしましょう。後はシェーバーの金属アレルギーもシミの要因となりえますのでどういう素材でできているかチェックしましょう。

 

⇒ シミそばかすを消す化粧品ランキング

 

シミの原因

 

シミ、もしくはシミに準じる色素沈着は要因は様々です。紫外線による肌ダメージ、アレルギー、何らかの形で摩擦が起きた、そして怪我等の後で、色素沈着ということもあります。

 

もっともシミの下人として多いのが紫外線でしょう。日焼け止め、つばの広い女優帽、UVカットストール、黒の上衣、手袋にスポーツ用の紫外線カットのレギンス、暑苦しいという方も多いですが夏の標準装備という方も少なくないのではないでしょうか。

 

よく紫外線は街中より海や山の方が多いという思い込みで日焼け止めを選択する方がいます。確かに遮蔽物がないという意味では正解ですし、肌の露出度が少ない街の方が海よりも少ないはずです。

 

都会では高層ビルが立ち並んでいます。今は美観をよくするために、また中が見えないようにコーティングされているガラスが多いので、街中にいますとシミができるほどの反射です。後は海沿いというのは非常に肌には危険です。

 

海沿いで強風が吹きますと、砂と潮が混ざったサンドブラスターのような状態になります。砂の中には石英、水晶の仲間が入っていますので相当肌にダメージがきます。都会は侮らない方がいいですよ。木陰が少ないのです。

 

また、夏だけ紫外線対策をしても意味がありません。冬は雪が降れば雪焼けします。これも反射なのです。代謝も落ちてしまうので、できたシミが治りにくいのです。ですので、早め早めに対策をとっておくといいでしょう。

 

外に出るときはUVカット配合の化粧品を使ってください。秋冬のうちにシミ対策をしておくと夏の問題が少し軽くなることも多いです。紫外線は年中降ってきます。ある程度は浴びないと、骨粗鬆症やうつのリスクが高まるので要注意です。ほどほどにシミ対策をしていきましょう。

 

ニキビ・怪我とシミ

 

子供の頃のしもやけのあと、怪我や火傷、ニキビの痕などがシミのようになってしまうことがあります。何とかダメージをふせごうとして、メラニン色素を出した結果起きるのです。炎症性色素沈着という状態です。

 

あまりに全体に広がって、なおかつ派手に色素が濃い、盛り上がっている場合は、皮膚科に行って、ステロイド剤等の使用をした方がいいこともあります。

 

ですが、軽いものならば普通の美白用化粧品、ビタミンやアミノ酸の摂取、十分な休養でじきに薄くなってきます。色素沈着というものは、細胞の問題ですので、色が染みついた細胞が新しいものに変化した場合徐々に薄くなっていきます。その手助けで薄くはなります。

 

シミ予防には伝統的に西洋では、ハーブが用いられてきました。ハーブは人間に有用な植物の通称ですが、簡単に言うと薬効のある野草です。日本でもシソがあるでしょう。同じシソ科のハーブは消炎作用があるものが多いのです。

 

皆様御存知のミントもそうです。もっとも有名なシミ対策の品と言えばラベンダーです。火傷をした研究者がうっかりラベンダーオイルに手を入れた後悪化しなかったという話もあります。精油は通常肌に塗れないのですがラベンダーオイルはニキビ跡のシミ等に少しずつ塗って使えます。

 

火傷のあとも軽いものですと、少し違うようです。ただ低血圧の方は注意してください、眠くなるハーブの典型例なので。他にも女性ホルモンの働きを助け肌の調子をよくするローズゼラニウムなどもシミ対策には良いようです。

 

皮膚科で美白ケア

 

もしシミが広範囲、そして多数に出て徐々に広がっていくようなことがあったら、皮膚科の受診をお勧めします。なかなかニキビ跡や動物の爪の痕が治らず、隆起して色素沈着してきた方が、皮膚科で相談したら蟹足腫、ケロイド症なので、怪我をしないようにという注意を受けたということもあるそうです。

 

要因がわかれば対処もできます。知らないとあちこちにシミができます。アレルギー体質の方は出やすいので注意してください。シミは長い年月をかけて出来ることがあります。

 

ホルモンバランスが関与するアトピー性皮膚炎その他の免疫疾患の方は普通の化粧品が合わないことも多いので、医師に相談してみましょう。また白血病、皮膚がんなどでも、シミやほくろ、あざができることもあります。どのドクターでも理由がわからない時は精密検査など受けた方がいいことがあります。

 

⇒ シミそばかすを消す化粧品ランキング

 

プチプラの美白化粧品

 

ハイドロキノンのように即効性のある美白効果は期待できませんし、肌老化の強い30代以降の方にはあまり効果が見られないでしょう。プチプラがおすすめなのは、膝や肘の黒ずみケアや10代、20代前半のシミ予防になります。

 

プラセホワイター 薬用美白アイクリーム 30g (医薬部外品)

目もと、ホウレイ線対策に。国産プラセンタを贅沢に配合し、ぬるだけでシワ対策とシミ対策がWでケアできます。

 

 

メラノCC 薬用しみ 集中対策 美容液 20mL【医薬部外品】

活性型ビタミンCが、ぐんぐん角質層の奥までしみこんでメラニンの生成を抑えます。さらに、血行促進成分ビタミンE誘導体(トコフェロール酢酸エステル)も配合。

 

 

ケシミンクリームd 本気のシミ対策 塗るビタミンC 30g

ビタミンCとビタミンEのWビタミン効果で、メラニン生成を抑えてシミ、そばかすを防ぐシミ専用クリーム。

 

 

アクアレーベル ホワイトアップ クリーム 保湿・美白クリーム (3) とてもしっとり 50g 【医薬部外品】

メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぎます。有効成分 m-トラネキサム酸、 ベビーアミノ酸配合

 

 

ちふれ化粧品 美白うるおいジェル 詰替 108g

美白成分トラネキサム酸配合で、メラニンの生成をおさえ、シミ・そばかすを防ぎます。

 

 

エビス化粧品(EBiS) Cエッセンス (50ml) ビタミンC誘導体配合

イオン導入に最適なオイルフリーの水溶性の無添加ビタミンC。肌に負担をかける防腐剤(パラベン)などは含まれていません。

 

数年後に差がつくシミ予防も忘れずに

 

若いころから、そばかすやシミができる欧米人(白人)と比較して、日本人のシミができる年齢は中高年が多く、シミがある=若くない人という概念があるので美白ケアにはとても敏感です。

 

色白は「七難隠す」ともいわれ、シミがあると年配に見られがち。シミがないと圧倒的に若く見えますよね。薄いシミならコンシーラーやカバー力の高いファンデーションで隠すことはできますが、厚化粧になりますし、やっぱり素顔でもシミのない真っ白なお肌でいたいですね。

 

実年齢より若く見えたら嬉しいですし、老けて見られるとガッカリしますよね。世の女性たちの悩みは老けて見られるようになること、老化にあります。1年1年と肌の悩みの増えていきます。年老いることを避ける事はできませんが肌の美しさは保つことができます。

 

大きなシミが頬に広がらないうちから予防と対策を怠らないようにしましょう。紫外線による肌へのダメージは思いのほかに大きなものです。シミの被害はその日のうちに目に見えて分かるものではありません。

 

時間を経て表に現れるシミにこそ気をつけていきましょう。それではシミを作らないようにするために最適な対策とはなにか?極端に言えば日差しに当たらないように過ごすことが大切です。

 

しかし、生活するうえで屋内に篭もりがちになってしまうことは心身的、美容によいことではありません。太陽光に当たることで人間に必要不可欠な要素、ビタミンDを体内で生合成することができます。ビタミンDは人体の骨や歯の形成に欠かせない要素です。

 

さらに、体内時計を調整して乱れがちな自律神経をよくして乱れがちなホルモンバランスを正常にもどす役割もあります。そのためには日差しが強まる早朝に太陽光を浴びることが重要です。

 

しみを作りたくないならばしっかりとしたUV対策をしておきましょう。しみ、そばかすの表れやすい部分に日焼け止めクリームを忘れずに塗るように心がけましょう。

 

毎日、美白のスペシャルケアができればいいですが、手軽に使える化粧水やオールインワンゲルなどを美白効果があるものに変えるだけでも予防には役立ってくれますよ。

 

美肌への道は一日にならず。紫外線のダメージを軽減させることで将来表れてしまうシミを予防していきましょう。

 

摩擦でしみになることも

 

顔ではなく、体にシミができる、そういう方は服の繊維の摩擦が要因のことがあります。また、洗剤によるアレルギーも問題です。皆様、体のどこにシミが出来やすいでしょうか。女性の場合、胸元、背中、肩等の場合は、下着が要因のこともあります。

 

下着には化学繊維のレースなどがついていることが多いです。またホックなどもありますので、金属アレルギーの心配もあります。対策としては手で洗って陰干しする、サイズがあっていてずれない下着を選択する、古くなった下着は使わないということが大切です。

 

また、ニットなどは必ず中に綿などのシャツを着ておくことも大切です。編むという技法は織るよりも、起伏が出やすくなります。また、アンゴラやモヘアなどは毛足が長いので肌がこすれやすいのです。また金属糸が入った服などは摩擦と同時に、汗等で微量の金属がとけ出すことが多く肌に負担がかかって、シミができる要因になります。

 

また、洗剤や柔軟剤はきちんと流しましょう。香り付のものはもっといい匂いにしようと思って沢山入れる方が多いですが、界面活性剤等が入っています。着色料や漂白剤なども入っていますので肌の保護という観点から言いますと使いすぎない方が、いいのです。

 

重曹など比較的刺激の少ないものでも黄ばみなどは取れるのです。水温を上げて洗うと、汚れが落ちやすくなります。肌着などは白を選択しておくと漂白ができます。黒は老化しやすい色と言われていますので要注意です。

 

page top